エステサロン経営ノウハウ

エステサロンの開業が失敗してしまう原因は?成功のコツ3選

エステサロンを開業する際、成功したときのことしかイメージできない方もいます。ですが、失敗してしまうリスクも考えておかなければなりません。
「どうして失敗してしまうの?」「できる限り失敗は避けたい」といった方のため、エステサロンの開業が失敗してしまう原因と、開業を成功させるコツについて解説します。

この記事を読むことによって何が原因でサロン経営が失敗につながるのかわかるので、それを避けるための対策を考えやすくなります。ぜひ参考にしてください。

エステサロンの存続率



エステサロンの存続率は非常に低いとされています。具体的にみていくと、以下の通りです。

◆存続率

  • 開業1年後…40%
  • 開業3年後…10%
  • 開業10年後…5%


言い換えれば開業1年後の段階で60%が廃業している状況です。半分以上のサロンが開業してすぐに閉店している形となります。

さらに、開業3年後の段階で90%が廃業していることになります。非常に高い数字といえるでしょう。厳しい世界であることを理解し、存続のための対策を取っていかなければなりません。

エステサロンの開業が失敗してしまう原因


エステサロンの開業がうまくいかず失敗してしまうのには、いくつかの理由が考えられます。ここでは、代表的な理由について6つ紹介します。

これらに該当する場合は失敗しやすくなるとも言えるので、対策をとりましょう。

原因①ターゲットを誤っている


ターゲット選定を誤ってしまった場合、失敗しやすくなります。エステサロンを開業する際、明確なターゲットを選定することなく「とにかくたくさんのお客さんに来店して欲しい」と考える方もいるでしょう。
ですが、ターゲットを明確にしておくことは欠かせません。

これは、ターゲット選定をしておかないと、誰に向けてどのようなサービスを提供すべきか見えてこないからです。誰にでも好まれるようなメニュー提案・宣伝は、言い換えるとそのサロンならではの強みがない状態ともいえます。

エステサロンは店舗数が多く、お客様からみて選択肢も豊富です。その中で「このサロンが自分にぴったりだ」と感じてもらうためには、きちんとターゲットを選定して、それに合わせる形でメニューを組んだり、宣伝をしたりすることが重要です。
例えば、ターゲットの住んでいる地域や年齢、悩み、サロンに求めていることなどを明確な状態にしておきましょう。

原因②広告宣伝が不足している

 

たくさんのお客様に足を運んでもらうためには、まずはエステサロンの存在を知ってもらわなければなりません。ですが、広告宣伝が適切に行えていない場合、どれだけ魅力的なメニューを提案していたとしてもそれに気づいてもらえず、新規顧客の獲得につながらないことがあります。

また、単純にお店の存在を知ってもらうための宣伝だけでは、効果が弱いです。そのエステサロンならではの強みをしっかりと宣伝していきましょう。

例えば「ブライダルエステを専門的に取り扱っている」「一般的なエステサロンよりも営業時間が長く仕事帰りにも通いやすい」などがあります。効果的な宣伝を行うためには、他社と差別化できるポイントを作っておくことも重要です。

原因③固定費が高い

 

開業してから順調にお客様も獲得でき、それなりの売り上げがあったとしても固定費が高くついてしまうと失敗しやすくなります。固定費は毎月支払わなくてはならないものなので、高くついてしまうとなかなか経営が安定しません。

固定費の中でも大きくなりやすいのが、店舗を賃貸で利用する場合の賃料です。また、レンタルでエステ機器をそろえる場合は、レンタル費用も必要になります。
開業前の段階では問題なく支払えると思っていた固定費であっても、思っていた以上に売り上げが伸びず、支払いが困難になってしまうケースも多いです。

原因④価格設定が適切ではない


一度間違えると修正しにくくなるのが価格設定です。他のエステサロンと比較して高すぎる、安過ぎるといったケースは、どちらも失敗しやすくなります。

例えば、価格を高く設定した場合、近隣のエステサロンよりも魅力的なサービスや施術を提供しなければなかなか新規顧客の獲得にはつながりません。強気の価格設定で挑む場合は、その費用を支払ってでも通いたいと思わせるような理由が必要です。
価格を高く設定したとしても、施術に満足してもらえれば納得して通ってくれます。

一方で、新規顧客獲得のために相場よりも安く価格設定をしたとしましょう。しかし、安くすればたくさんのお客様を獲得できるとは限りません。
特に相場よりも安く設定してしまうと、かえってお客様を不安にさせてしまう可能性があります。

「安い美容機器を使っているのではないか」「サービスの質が悪いのではないか」と思われてしまえば、いくら価格を安くしても足を運んでもらえる可能性は低いでしょう。適切な価格設定が重要です。



▶参考記事:エステサロンで売上を増やすには?効果的な5つの施策をチェック

原因⑤生活感が抜けない

 

自宅サロンを開業する上で特に注意しなければならないのが、自宅だからこその生活感の問題です。ある程度の生活感はアットホームな雰囲気を生みますが、サロンに足を運ぶお客様の多くは、非日常を求めています。

それなのに、自分の暮らしている環境と似た雰囲気の家具や家電ばかりだと非日常とはいえないばかりか、他人の家にお邪魔しているような感覚になりリラックスできません。
お部屋の臭いや、生活音などにも注意しましょう。

原因⑥店舗の場所がわかりにくい

 

店舗の立地は非常に重要で、どこにあるのかわかりにくいとお客様を困らせてしまいます。新規顧客の獲得が難しくなってしまうことも多いです。

できれば、わかりやすい場所に店舗を構えたいところではありますが、立地の良い環境は賃料も高くなります。ホームページ上にわかりやすい地図を載せておくなどして、対策をとりましょう。
また、可能であればサロンの前に看板を出すのもおすすめです。

自宅でエステサロンを開業する場合、ホームページ上などに詳しい住所を載せたくないと感じる方もいます。ですが、明確な場所がわからないとお客様としても困ってしまうはずです。
細かい番地などは予約した方のみにお知らせするとしても、ある程度の場所が分かる住所の情報は公開しておいたほうが良いでしょう。

エステサロンの開業を成功させるコツ

エステサロンの開業で失敗してしまう原因を理解したら、次に確認しておきたいのが成功のためのコツです。

ここでは、実践したいコツを3つ解説します。

コツ①明確なコンセプトを設定する

 

開業前にエステサロンのコンセプトを明確に設定しておくと、方向性がわかりやすくなります。これは、他のサロンとの差別化にもつながるポイントです。

以下のようなものから考えましょう。

  • どのような施術を提供したいか?
  • どのようなサロンを目指しているか?
  • 強みは何か?

これらを明確にしておくと、お客様に対し、サロンの魅力を伝えやすくなり。コンセプトを設定し、誰のためにどのような施術を提供しているサロンなのかをわかりやすくアピールすることが重要です。

コツ②集客方法を工夫する

 

エステサロンを開業すればそれだけでお客様が来店してくれるわけではありません。全く集客を行わないと一人も来店してくれないといった事態も考えられるため、適切な集客が必要です。

サロンを開業して安定して売り上げにつなげていくためにはリピーターが必要ですが、その前に必要となるのが新規顧客の獲得です。お客様となるターゲット像を明確にして、その人に響きやすい方法で集客する必要があります。

例えば、近年はインターネット利用した集客が主流となりました。特に若い方をターゲットとしている場合は、SNSやホームページなどでの集客が効果的です。
一方、40代以降の方をターゲットとする場合は、新聞の折り込みチラシやポスティング、フリーペーパーなどを活用した方法でも効果が期待できます。

ターゲットがどのような人物であり、その人は普段どういった方法でエステサロンの情報を収集しているのか考えましょう。

関連記事:エステサロンで効果的な集客方法7選!新規・リピーター獲得のコツ

コツ③顧客のニーズを把握する

 

お客様から選ばれるエステサロンといえば、自分が求めているニーズを満たしているサロンです。そのため、ニーズを適切に把握することは欠かせません。
ニーズを考える際は「おそらくこのようなことが求められているだろう」といった曖昧なものではなく、情報収集を行って本当に求められているニーズを把握することが重要です。

また、ニーズが明確になったとしても自店舗でそれを満たすのが難しいと感じた場合は、他のニーズを探る必要も出てきます。

顧客のニーズは、なかなか開業前に明確にしにくい部分でもあります。そのため、営業を開始してから本格的にニーズを探っていくのも良いでしょう。
その際は、カウンセリングなどでお客様の本音を引き出すことが大切です。

例えば同じ「キレイになりたい」といった要望でもさまざまな理由があります。「憧れの服を着たい」「彼氏に褒めて欲しい」「赤ちゃんのようなツルツル肌になりたい」などです。
お客様のニーズを深掘りしていくことによりどのような施術か適しているかも判断できるので、ぴったりのメニューを提案しやすくなります。

ニーズに応えられるメニューがないと感じた場合は、新規で追加すると良いでしょう。

関連記事:エステサロンでカウンセリングシートを導入するメリット・デメリット

エステサロンの利益率を上げるポイント

長く安定した経営を行っていくためには、利益率を上げることが欠かせません。
ここでは、エステサロンの利益率を上げる方法を3つ紹介します。

ポイント①顧客目線でサービスを提供する


顧客目線に立ってサービスを考え、求められていることを提供していくことは非常に重要です。自身がお客様に対して提供したいメニューやサービスばかりを押し付けるのはよくありません。どれだけ優れた施術であったとしてもお客様が求めていないものであれば押し売りと感じられてしまいます。

一方で、お客様の目線に立って本当に求められている施術を提案すれば、喜んで検討してもらえるでしょう。

接客についても同様です。言葉遣いや態度、ちょっとした対応に不満を感じられてしまえば、なかなかリピーターにはなってもらえません。どのように対応すればお客様が喜んでくれるのか、気持ちよく通い続けてくれるのか考える必要があります。

顧客目線で考えるのが難しいと感じているのであれば、本音で語ってくれる友達や家族に一度施術を体験してもらうのも良いでしょう。改善点が見つかりやすくなります。

ポイント②経費の無駄を省く


利益率を上げるためには、経費の無駄をできるだけ省くことが欠かせません。発生している経費は本当に必要なのか、削れないのか考えましょう。

例えば、必要以上に大きな店舗を借りている場合、それだけ賃料が高くついてしまいます。導入する設備や、同時に施術するお客様の人数などに合わせ、適した広さの店舗を選びましょう。

人件費は大きく経費を削りやすい部分ではあるものの、従業員に不満を抱かせてしまうと離職につながります。効率よく業務ができるように考えたり、時間外労働を削減したりすることから考えましょう。

関連記事:エステサロンはなにが経費になる?項目と経費削減のコツについて

ポイント③設備費用を抑える

 

高くついてしまうことが多いのが、設備費用です。新たな設備を導入する際は相見積りなどもうまく活用しながらできるだけ費用を抑えましょう。
ただ、質の悪い設備を導入してしまうとお客様の不満にもつながってしまうため、注意が必要です。

設備を導入する際、将来的に使うかわからないものは特に慎重に検討しなければなりません。あれもこれもできるような高価で高性能なエステ機器を導入したものの、結局一部の機能しか使わなかったとなると、無駄になってしまいます。

失敗の可能性を考えておくことが重要

いかがだったでしょうか。エステサロンの開業で失敗してしまう理由や、成功のコツについて紹介しました。どのようなことを意識して取り組んでいけば良いのかご理解ただけたかと思います。

開業にあたり夢は膨らみますが、失敗の可能性を考え、どのような原因と対策があるのか理解しておくことが大切です。

エステサロンの経営を成功させるためには、導入するエステ機器の選定も欠かせません。

当サイトでは業務用痩身機を中心としてさまざまなお役立ち情報を発信しているので、ぜひ参考にしてみてください。

業務用瘦身機おすすめ人気ランキングぜひ、チェックしてみてください。

業務用痩身機器のランキングTop5を紹介

サロンの開業にあたりおすすめの業務用痩身機器をランキング形式でご紹介しています!

1

シークレットメス

ボディもフェイスもこれ一台で完結!1台13役の最先端マシン

シークレットメスは、株式会社NBSが販売している業務用痩身機器です。 ラジオ波・キャビテーション・吸引・EMS・エレクトロポレーション・LED・サーマルフラクショナルの7つの機能と13の役割が1台に集約されています。 サロンの現場を経験したスタッフが設計していることで、扱いやすいよう工夫されています。

シークレットメスの写真

2

フォースカッター

施術経験の少ないスタッフでも施術が可能

フォースカッターは、株式会社プロラボソリューションが販売している業務用痩身機器です。 ダブルラジオ波・吸引+EMS・ポレーション・LED の4つの機能が1台に搭載されています。 痩身とフェイシャル両方に対応でき、サロンオーナーの声を反映させた扱いやすい設計が特徴です。

フォースカッターの写真

3

セルライトゼロ

シンプルで操作しやすい画面設計

セルライトゼロは、ワールドジャパン株式会社が販売している業務用痩身機器です。 LED・ラジオ波・キャビテーション・スリムレーザーの4つを同時に出力するキャビラジと、皮下脂肪を効果的に温めながらマッサージするサイクロンラジという最先端技術が使われています。 痩身の施術を行う際、肌に直接当てて使うハンドピースが独自開発されており、シンプルで操作しやすい画面設計が行なわれています。

セルライトゼロの写真

RECOMMEND

おすすめ記事