コラム

エステサロンの経営でトラブルを防ぐ免責同意書とは?

エステサロンで施術を行う際は、お客様から免責同意書に署名を貰う必要があります。 免責同意書は、契約書とは別に必要となる書類ですが、なぜこのような書類が必要になるのでしょうか。

そこで本記事では、エステサロンの経営で免責同意書が必要な理由や免責同意書を作成するうえで必要な事項などを紹介します 現在エステサロンの開業を予定されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

エステサロンにおいて免責同意書が必要な理由


免責同意書とは「施術後の際・施術の後にトラブルが起こっても、お客様はエステに責任を問わない」という同意を得るために、お客様が署名する書類のことです。

免責同意書に署名を貰うことで、お客様が施術の際に強い痛みを感じた場合や、施術の後に体調が悪くなった場合などにクレームがあっても、エステが責任を負う必要がなくなります。

もし、免責同意書に署名をもらわずに施術を行ってしまった場合、上記のようなクレームが発生すると、損害賠償を請求されることや施術料金の返金を求められるといったトラブルになることが考えられます。

お客様に安全に施術を受けてもらうためには、アレルギー反応や持病、施術に関する注意点を理解してもらえたかなどについて、事前にしっかりとヒアリング行う必要があります。

また、免責同意書には施術の内容や、施術に使用する機材の種類などが記載されています。 お客様にとっても、施術の内容や施術にあたっての注意事項を確認することができるため、安心してサービスを受けることができるのです。

免責同意書を作成することで、お客様側は施術の内容や注意事項を確認でき、エステサロン側はクレームによるトラブルを回避できるといったメリットがあります。

下記の記事では、エステの独立を考えている方におすすめの記事となっています。
エステを開業しようと思っても何から始めていいかわからない方も多くいらっしゃると思います。

準備するべきことや注意しなければならないならないことが多くあり、何から始めていいのか困ってしまう方はぜひこちらを参考にして、内容を一つずつ確認しましょう。

参考記事:エステの独立までの流れとは?開業にまでに準備しておきたいこと


エステサロンの免責同意書に必要な事項




エステサロン経営でのトラブルを回避しやすくする免責同意書ですが、作成する際には、具体的にどのような事項を記載すればよいのでしょうか。 免責同意書に必要な事項は以下の2つです。

事項①体調に関する事項

1つ目の事項は、体調に関する事項です。 免責同意書を通して、通院歴・既往歴・アレルギー・薬品による痛みやかゆみ・体温・飲酒をしていないか・妊娠中ではないかなどを確認します。 事項のなかでも、特に注意しておくものは以下の通りです。

▷飲酒をしていないか

お酒を飲んだ状態で施術を受けると、施術後に体調不良になることがあるので、特に注意しておく必要があります。 お酒に含まれたアルコールで血管拡張されると、体内の血流が速くなります。

痩身の効果で血流がさらに速くなると、心臓の負担が大きくなることや、肝臓でうまくアルコールが分解できなくなることがあります

▷体温・体調

体温が微熱程度であれば施術を受けるのに問題ありませんが、38度前後などの高熱の場合は施術後に悪化するリスクがあるので注意が必要です。 また、熱がなくても、気分が優れない場合や頭痛がある場合は、風邪の初期症状の可能性があります。

施術後は血流が速くなり臓器に負担がかかるので、体調が更に悪化することがあるので注意しておきましょう。 また、風邪がウイルス性の場合は感染する可能性があることも注意が必要です。

注意点③アレルギー・肌トラブル

施術を行う際は、お客様にアレルギーや肌トラブルがないかを確認しておかなければなりません。

アレルギーがある成分を含んだ化粧品を使用する場合や、アトピー性皮膚炎などの肌トラブルがある箇所を施術すると、かゆみや痛み、体調不良などの症状を引き起こすことがあります。

そのため、施術や契約の前には、お客様がどのようなアレルギーや肌トラブルを抱えているか、使用する化粧品にどのような成分が含まれているのをしっかり確認しておく必要があります。

事項②契約内容に関する事項

2つ目の事項は、契約内容に関する事項です。 「必要な際には身分証明書を提示する」といった旨を記載しておくと、お客様の身元が確認できるため、契約が破棄されることや、代金を支払ってもらえないといったトラブルを防ぐことができます。

また、「親の同意がなければ契約できない」といった旨を記載しておくことで、未成年者の不正な契約を防ぐことや、親が契約を取り消せるようになります。

未成年者の契約をする場合は、大人よりも肌が薄く、痛みを感じたり、太い毛が生えていない状態で照射するため効果を感じなかったと解約するというパターンが多くみられます。しっかりと注意事項を確認し、契約を結んでもらうようにしましょう。

免責同意書を作成する際は、あらゆる場面を考えて作ることをお勧めします。お客様を守ることにもなりますが、自分たちを守ることにも繋がります。慎重に作成しましょう。


▶参考記事:エステサロンでよくあるトラブルの事例とその対処法

エステサロンで必要な免責同意書以外の書面




特定商取引法により、エステの契約金額が5万以上かつ契約期間が1ヵ月以上になる場合は、免責同意書以外にも「概要書面」「エステティックサービス契約書」の書面に署名を貰う必要があります。 概要書面とエステティックサービス契約書の詳細は以下の通りです。

書面①概要書面

概要書面とは、サービス全般の内容が書かれた書面です。 具体的な項目は以下の通りです。
  • サービス・施術の内容
  • 施術の際に使用する製品
  • サービスの料金
  • 支払い期限
  • 解約時の注意点
  • 体調や契約に関する同意事項

上記はあくまで一例なので、エステサロンによっては項目が追加されることもあります。 また、概要書面を作成する際は、なるべく分かりやすい表現を使うと契約がスムーズに進みやすくなります。

書面②エステティックサービス契約書

エステティックサービス契約書とは、契約やサービスの内容が書かれた書面です。 具体的な項目は以下の通りです。
  • 契約日
  • 契約期限
  • 契約者名
  • 住所・電話番号
  • サービスの内容
  • 支払方法・時期
  • キャンセル・中途解約
  • 施術や契約に関する同意事項
  • クーリング・オフ


概要書面と一部の項目が重複していますが、一般的にはエステティックサービス契約書の方が、項目数がやや多く設けられています。

 

▶参考記事:痩身エステサロンを開業する前に経営関連で相談できる専門家

エステサロンで新規のお客様やリピーターを集客

 

今回の記事ではエステサロンの経営において免責同意書が必要な理由や免責同意書を作成する際の必要事項などについて解説しました。

エステサロンの開業を予定されている方はトラブルを防ぐためにも免責同意書についてきちんと理解しておきましょう。

また、下の記事ではエステサロンでの新規のお客様の集客方法や、リピートにつなげる方法について解説しています。

エステサロンを開業する予定のある方や、集客が上手くいかないという方はぜひ参考にしてください。

 

▶参考記事:エステサロンで新規のお客様やリピーターを集客する方法


免責同意書を準備するとエステサロンのトラブルを防ぎやすくなる


いかがでしたでしょうか。 エステサロンを経営するうえでトラブルを防ぐために、免責同意書を必ず用意しておくようにしましょう。

免責同意書には、施術の内容や注意事項、同意事項などが記載されています。 お客様は施術の内容や注意事項が確認できて、エステサロンはクレームなどのトラブルを回避できるといったメリットがあります。

また、お客様が安心して施術を受けられるようにするためには、アレルギー反応や持病などのヒアリング行ったうえで、免責同意書の事項の内容に気を配るようにしましょう。

概要書面やエステティックサービス契約書を元に、施術や契約内容を理解してもらうことはもちろんですが、体温や体調などに問題がないかをしっかり確認することが大切です。

当サイトでは、おすすめの業務用痩身機をランキング形式で紹介しております。
また、業務用痩身機にまつわるお役立ちのコラム記事なども多数掲載していますので、業務用痩身機の導入をご検討中の方は是非その他のコンテンツもご覧ください。

おすすめの業務用痩身機器の情報や最新トレンドは、「業務用痩身機器トレンド発信サイト」をチェック!

業務用痩身機器のランキングTop5を紹介

サロンの開業にあたりおすすめの業務用痩身機器をランキング形式でご紹介しています!

1

シークレットメス

ボディもフェイスもこれ一台で完結!1台13役の最先端マシン

シークレットメスは、株式会社NBSが販売している業務用痩身機器です。 ラジオ波・キャビテーション・吸引・EMS・エレクトロポレーション・LED・サーマルフラクショナルの7つの機能と13の役割が1台に集約されています。 サロンの現場を経験したスタッフが設計していることで、扱いやすいよう工夫されています。

シークレットメスの写真

2

フォースカッター

施術経験の少ないスタッフでも施術が可能

フォースカッターは、株式会社プロラボソリューションが販売している業務用痩身機器です。 ダブルラジオ波・吸引+EMS・ポレーション・LED の4つの機能が1台に搭載されています。 痩身とフェイシャル両方に対応でき、サロンオーナーの声を反映させた扱いやすい設計が特徴です。

フォースカッターの写真

3

セルライトゼロ

シンプルで操作しやすい画面設計

セルライトゼロは、ワールドジャパン株式会社が販売している業務用痩身機器です。 LED・ラジオ波・キャビテーション・スリムレーザーの4つを同時に出力するキャビラジと、皮下脂肪を効果的に温めながらマッサージするサイクロンラジという最先端技術が使われています。 痩身の施術を行う際、肌に直接当てて使うハンドピースが独自開発されており、シンプルで操作しやすい画面設計が行なわれています。

セルライトゼロの写真

RECOMMEND

おすすめ記事