コラム

エステサロンが痩身機器をレンタルするメリット・デメリット

noimage

痩身エステサロンを経営している事業者様の中には、痩身機器の導入方法でお悩みの方もいるのではないでしょうか?

痩身機器は高いものだと100万円以上するものもあるため、経営方針や予算なども考えて最適な導入方法を選ぶ必要があります。

そこで本記事では、導入方法の中でもレンタルに注目して、痩身機器をレンタルするメリット・デメリットや、レンタルがおすすめの場合などを紹介します。

痩身機器の導入方法でお悩みの経営者様は、ぜひ参考にしてみてください。

痩身機器をエステサロンがレンタルするメリット


業務用の痩身機器は高額なものである場合が多いため、エステサロン経営者向けに機器のレンタルサービスを行っている会社は数多くあります。

ここからは、エステサロンが痩身機器をレンタルする主な3つのメリットを紹介していきます。

メリット①高額なものでも初期費用を抑えて使える

痩身機器のレンタルは、レンタル会社と契約して毎月利用料を支払うことで機器を使える仕組みとなっています。 そのため、初期費用なしですぐに利用ができるというメリットがあります。

たとえば、1台100万円以上するものであっても、月額5~10万円ほどのレンタル料を支払うことで利用できるケースもあります。

エステサロンの経営方針にもよりますが、さまざまな痩身機器を使った施術メニューを用意している場合であれば、一度に複数台を購入するために多額の費用がかかります。

その点、レンタルであれば導入費用を大きく抑えて利用することが可能です。

 

▶参考記事:エステサロンの開業に必要な資金と具体的な内訳

メリット②試験的に導入して使用感を確かめられる

レンタルで痩身機器を導入することで、本格的に購入する前に実際の使用感を体験できることも大きなメリットです。 レンタルは基本的にレンタル期間を任意で決めることが可能であり、中途解約大きなリスクなしでいつでもできます。


そのため、試験的に数か月間導入してみて実際の施術での使い勝手や効果などを実感してから購入を検討することが可能です。

ただし、レンタルを行っている会社の多くは、レンタル期間を3ヵ月からと決めている場合があるため、3ヵ月以内で解約すると違約金の発生が考えられるので注意しましょう。

メリット③修理にかかる料金を払わなくていい場合もある

痩身機器は精密機械のため、長く使っていると不具合がでるものです。 そのため、購入する場合は自費で修理代やメンテナンス代を支払う必要があります。

その点レンタルであれば、故意的に故障させたのではない場合にレンタル会社が修理代を負担してくれることもあります。 ただし、修理代の負担は故障した状況や契約内容によるところもあるため、事前にレンタル会社に詳しい内容を聞いておくとよいでしょう。

また、痩身機器を購入すると基本的に固定資産税がかかりますが、レンタルの場合はあくまで利用料を支払って借りている状態のため固定資産税がかからない点もメリットです。


痩身機器をエステサロンがレンタルするデメリット


エステサロンが痩身機器をレンタルすることで得られるメリットは多々ありますが、当然デメリットもあります。 以下に、エステサロンが痩身機器をレンタルした場合に考えられるデメリットをまとめました。

デメリット①必ずしも新品をレンタルできるわけではない

レンタル会社で提供している痩身機器は、中古品であることが多いです。 そのため、新品の最新痩身機器を使いたいという場合には向いていません。

レンタル会社では利用料を抑えるかわりに、中古の痩身機器を仕入れる傾向があるため最新の製品を取り揃えているケースは少ないです。

数年以上使い続けて消耗している痩身機器をレンタルした場合、不具合が起こりやすく新しい機能が搭載されていない可能性が高いため、注意しましょう。

デメリット②ラインナップが限られている

痩身機器をレンタル提供している会社では、メーカーを絞ることでなるべくコストを抑えて仕入れている場合が多いです。

そのため、一般的な販売会社と比べてラインナップが限られており希望の機種を取り扱っていないケースも考えられます。

レンタル会社によって取り扱う製品やメーカーが異なるため、希望の機種がある場合はその機種を取り扱っているか事前にレンタル会社に確認しましょう。

デメリット③長期的に使う場合には向いていない

多くのレンタル会社では、レンタル料金をリースで導入した場合の料金と比べて少し高く設定しています。 そのため、短期での利用にはおすすめですが、長期での利用にはあまり向いていないといえます。

レンタル会社の設定している料金にもよりますが、おおよそ2年以上レンタルした際にかかる料金をリースの場合と比較した際、レンタルのほうが割高になります。


痩身機器のレンタルがおすすめの場合


痩身機器のレンタルをするのにおすすめの場合は、主に以下のようなケースになります。
     
  • 本格的に購入する前に使用感を試したい
  • 一時的に機器を増やして施術を行いたい
  • 導入してすぐに使いたい
  • リース審査やローン・クレジット審査に通らなかった
  • 故障したときのリスクを最小限にしたい

レンタル以外で痩身機器を導入する方法

 

 



痩身機器はレンタル以外にも、さまざまな方法で導入することができます。 ここでは、レンタル以外の主な2つの導入方法を紹介します。

現金購入

1つ目の方法としては、現金で一括購入する方法です。 初期費用は大きくなりますが、一度購入してしまえばランニングコストは電気代と故障した際の修理代のみとなります。

100万円以上の機器の場合は難しいかもしれませんが、数十万円程度の機器であれば一括で購入したほうがお得になる場合もあります。

リース契約

2つ目の方法は、リース契約で購入する方法です。 リースは長期間の分割支払いを行う方法であり、機器の分割代金に上乗せしてリース率分の金額を毎月支払います。

初期費用なしですぐ利用できる点はレンタルと同じですが、中途解約ができないという特徴があります。 その代わり、毎月のリース料はレンタル料金に比べて低く設定されていることがほとんどです。


痩身機器を短期間利用したいのであればレンタルがおすすめ


いかがでしたでしょうか? 痩身機器のレンタルは、故障した時のリスクを最小限に抑えつつ好きな期間利用できるというメリットがあります。 すぐに導入でき、機器を本格的に購入する前に試験的にレンタルで使ってみて使い勝手を確かめることも可能です。

ただし、レンタル会社によって取り扱う製品は異なっており、ラインナップが限られている可能性もあります。 提供される痩身機器は中古であることも多く、最新の痩身機器を導入したいという方にはあまり向いていないといえるでしょう。

当サイトでは、おすすめの業務用痩身機をランキング形式で紹介しております。
また、業務用痩身機にまつわるお役立ちのコラム記事なども多数掲載していますので、業務用痩身機の導入をご検討中の方は是非その他のコンテンツもご覧ください。

おすすめの業務用痩身機器の情報や最新トレンドは、「業務用痩身機器トレンド発信サイト」をチェック!

業務用痩身機器のランキングTop5を紹介

サロンの開業にあたりおすすめの業務用痩身機器をランキング形式でご紹介しています!

1

シークレットメス

ボディもフェイスもこれ一台で完結!1台13役の最先端マシン

シークレットメスは、株式会社NBSが販売している業務用痩身機器です。 ラジオ波・キャビテーション・吸引・EMS・エレクトロポレーション・LED・サーマルフラクショナルの7つの機能と13の役割が1台に集約されています。 サロンの現場を経験したスタッフが設計していることで、扱いやすいよう工夫されています。

シークレットメスの写真

2

フォースカッター

施術経験の少ないスタッフでも施術が可能

フォースカッターは、株式会社プロラボソリューションが販売している業務用痩身機器です。 ダブルラジオ波・吸引+EMS・ポレーション・LED の4つの機能が1台に搭載されています。 痩身とフェイシャル両方に対応でき、サロンオーナーの声を反映させた扱いやすい設計が特徴です。

フォースカッターの写真

3

セルライトゼロ

シンプルで操作しやすい画面設計

セルライトゼロは、ワールドジャパン株式会社が販売している業務用痩身機器です。 LED・ラジオ波・キャビテーション・スリムレーザーの4つを同時に出力するキャビラジと、皮下脂肪を効果的に温めながらマッサージするサイクロンラジという最先端技術が使われています。 痩身の施術を行う際、肌に直接当てて使うハンドピースが独自開発されており、シンプルで操作しやすい画面設計が行なわれています。

セルライトゼロの写真

RECOMMEND

おすすめ記事