コラム

エステティシャンに向いている人の特徴は?将来性や需要とともに解説!

サロン経営者の方やエステティシャンを目指している人に向け、エステティシャンに向いている人・向いていない人を解説します。

きれいな女性が美容を提供するエステサロン。そんなエステサロンで働いてみたいと憧れている女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回の記事ではエステティシャンに向いている人と向いていない人の特徴や、基本的な仕事の内容などをご紹介します。エステティシャンに必要な適性やマインドを知りたいと思われる方は、ぜひ参考にしてください。

エステティシャンの仕事内容

 

エステティシャンに向いている人・向いていない人と適性を見る前に、基本的な仕事内容について確認しておきましょう。 

 

一体どのような仕事をしているのか、仕事の内容や流れ、やりがい、エステティシャンの種類を解説します。 

仕事の内容と流れ

エステティシャンの主な仕事は、お客様の悩みや要望にそって施術を行っていくことです。カウンセリングでお客様の体や肌の状況を把握し、最適だと思われる施術を提案・実践していくのがメインとなります。 

 

その他の仕事内容に関しては、サロンの大きさにより変わるでしょう。

大きなサロンでは受付や事務に専門のスタッフを雇っていることが多いものです。

しかし小さなサロンでは接客や施術だけでなく、事務や受付、POPの制作などの作業を任されるかもしれません。 

 

1日の流れは多くの場合でサロンのオープン1時間前に出勤して、ミーティングや清掃を実施。

オープンしたら接客・施術を行っていきますが、接客の中での商品販売も仕事のひとつです。

休憩は交代制がほとんどで、担当するお客様の数は1日あたり34人になることが多くなります。 

 

1日の営業が終わったら売上の報告をし、清掃と翌日の準備をしたら退勤です。

閉店後に技術研修やマシンの説明会などが開かれることもあります。 

 

やりがい

自分の知識や技術でお客様の悩みが改善し、笑顔を見られたときにやりがいを感じられるでしょう。 

 

自身の外見にコンプレックスを持っていると、どうしても暗く自信なさげな表情になりがちです。しかしさまざまなアドバイスをしたり、施術をしたりしていくことでお客様の悩みが徐々に改善されていったとします。 

そして最後に明るい笑顔で「本当にありがとう」「あなたのおかげ」と言ってもらえたと想像してください。「エステティシャンになってよかった」と心から思えるのではないでしょうか。 

 

また常に知識や技術を学んでいくのが重要な仕事でもあります。自分が懸命に学び習得した知識で、施術の技術力が向上したときもやりがいを感じられるでしょう。 

エステティシャンの種類

エステティシャンの仕事は、勤務するサロンによりさまざまな種類にわけられます。 

  • ボディ
  • フェイシャル
  • 脱毛
  • ブライダル
  • メンズ
  • リラクゼーション
  • スパ
  • 訪問

 

中にはいくつかの施術を組み合わせたメニューを提供するエステサロンもあります。

しかし勤務するサロンの形態により施術の内容も変わるため、必要とされる知識や技術も変わるでしょう。 

エステティシャンに向いている人

 

それではエステティシャンの仕事内容を踏まえたうえで、向いている人の特徴について見ていきましょう。

向いている人とは、次のような6つの特徴を持つ人です。

1.コミュニケーション能力が高い

仕事をしていくうえでは、まずコミュニケーション能力の高さが大切です。お客様が自身の悩みを話しやすいよう、聞き上手な人が向いていると言えます。お客様から話を引き出して、伺った話を正しく理解できてはじめて効果的な施術を提供できるようになります。 

 

また上手に会話ができる担当者であれば、お客様もサロン通いが楽しくなるはずです。

そのためコミュニケーション能力の高さは、エステティシャンに必要な基本スキルだと言えるでしょう。 

2.体力がある

体力がある人もエステティシャンに向いている人です。エステティシャンは体力仕事ではないイメージがあるかもしれません。しかし1日中立ちっぱなしだったり、休憩も取れないままオールハンドの施術を立て続けに行ったりする可能性もあります。 

 

エステティシャンが疲れた表情をしていては、美を求めてサロンに来るお客様も不安になってしまうでしょう。

1日の労働に耐えられるだけの体力がある人のほうが向いています。 

3.お客様目線で考えられる

エステサロンの仕事では、お客様目線で考えられることも大切です。お客様の悩みに親身に寄り添い、「悩みを解消してあげたい」と思える人であれば、適職だと感じられるのではないでしょうか。 

そして悩みやコンプレックスが改善されたお客様のうれしい気持ちにも共感でき、一緒によろこびあえるような人がエステシシャンに向いている人です。 

4.美容への関心が強い

美容への関心が強いことも大切なポイントとなります。エステティシャンは美を提供する仕事です。美容への関心が強い人であれば、新しい美容情報も敏感にキャッチすることでしょう。  

自身が得た情報をお客様に提供してあげれば、知識が豊富なエステティシャンとして信頼を得られるはずです。 

5.明るい人柄

明るい人柄の人もエステティシャンに向いている人です。悩みやコンプレックスを抱えたお客様は、暗く落ち込んだ気持ちでサロンに訪れることも少なくありません。 

 お客様の気持ちに共感しながらも、お客様を明るい気持ちにさせてあげられるようなエステティシャンは、特にお客様に求められる人材と言えます。

6.資格保有者

エステティシャンの資格を保有している人は、もちろんエステティシャンに向いている人だと言えます。  

エステサロンの施術に資格は不要ですが、資格を保有していると仕事への適性もある程度保証されるので、向いている人だと判断されるでしょう。 


エステティシャンに向いていない人

 

それでは次に、エステティシャンに向いていない人の特徴について解説していきます。

どのような人がエステティシャンに向いていない人なのでしょうか?

1.コミュニケーション能力が低い

まずはコミュニケーション能力が低い人です。

コミュニケーション能力が低いとお客様と打ち解けられなかったり、悩みをうまく引き出せなかったりします。 

お客様との信頼関係はコミュニケーションにより構築されることも多いので、人と接するのが苦手な人は向いていないでしょう。 

2.体力面に難がある

体力のない人もエステティシャンに向いていない人です。エステティシャンは力を使ったり、1日中座れなかったりと体力がない人にとってはつらい仕事と言えます。 

ただ弱い力でも行える施術をメインにしているエステサロンもあるので、サロンの種類や施術内容によっては働けるかもしれません。 

3.業務を機械的にこなしてしまいがちな人

向いていないと思われる人の次の特徴は、業務を機械的にこなしがちな人です。お客様との信頼関係を築くためには、お客様に親身に寄り添える共感力が必要となります。

そのため気持ちに寄り添わず、機械的に業務をこなしがちな人は向いていないと考えられるでしょう。 

4.美容に対して無頓着

美容に対して無頓着・無関心な人もエステティシャンに向いていない人です。美を提供する仕事なので、施術者自身も美しくあり、お客様の憧れになるような存在であることが求められる傾向にあります。 

新しい美容情報やトレンドに興味を持てない人は、残念ながら向いていないでしょう 

エステティシャンの需要や将来性

エステティシャンに向いている人・向いていない人の特徴をご紹介してきました。

しかし今後、エステティシャンへの需要は高まるのでしょうか?将来性も含めて解説していきます。 

エステティシャンの需要

今後、エステサロンへの需要が高まると考えられており、比例してエステティシャンの需要も伸びると考えられます。なぜなら最近ではSNSなどで、若い人でも美容やエステサロンの情報を得やすい環境が整っているためです。多くの情報を簡単に得られる現在、以前よりも気軽にエステサロンを利用する人が増えてきていると言われています。 

 

さらに調査によると、2050代の女性のうち83.3%もの人が自身の体型や顔にコンプレックスを抱えているとの結果が出ました。その結果を見ると、「顔」や「体型」など、エステサロンで解決できる部分で悩んでいる人がほとんどなのです。 

  • 1位:顔(65.6%)
  • 2位:体型(52.9%)
  • 3位:性格(43.8%)
  • 4位:脚(30.8%)
  • 5位:ウエスト(23.5%)


出典:Digital PR Platform:【自分自身の悩みやコンプレックスに関する意識調査】『リア充』こそ、悩みやコンプレックスを抱えていた!?

 

また同じ調査では男性も69.0%の人が自分自身にコンプレックスを抱いているとのことでした。

最近ではメンズエステサロンも増え、男性がサロンに通うことも一般的になってきています。

そのため今後もエステティシャン・エステサロンへの需要はさらに高まっていくものと考えられます。

エステティシャンの将来性

エステティシャンは頑張り次第でキャリアアップも目指せ、将来性のある仕事だと言えます。

現在でも次々と新しい技術や機器が生まれ続けていて、将来的にエステサロンへの需要が全くなくなる時代が訪れるとは考えにくいためです。 

 

特に最近はSNSでの情報からエステティシャンへのニーズも多様化している傾向にあります。

そのため新しい知識やスキルを習得し、施術の現場で活かしていくことでキャリアアップも可能でしょう。


向き不向きを含めて適性を判断


いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、エステティシャンに向いている人と向いていない人の特徴がご理解いただけたと思います。 

 

施術者として活躍できる人材には、コミュニケーション能力や人柄の明るさ、美容への関心などさまざまなことが求められます。 

 

今回の記事では、これから人材を募集しようと考えられているサロン経営者の方に向け、

エステティシャンとしての適性をご紹介しました。ぜひ採用の際の参考として活用してください。 

 

当サイトでは、おすすめの業務用痩身機をランキング形式で紹介しております。   
また、業務用痩身機にまつわるお役立ちのコラム記事なども多数掲載していますので、  

業務用痩身機の導入をご検討中の方は是非その他のコンテンツもご覧ください。 

 

おすすめの業務用痩身機器の情報や最新トレンドは、「業務用痩身機器トレンド発信サイト」をチェック!

業務用痩身機器のランキングTop5を紹介

サロンの開業にあたりおすすめの業務用痩身機器をランキング形式でご紹介しています!

1

シークレットメス

ボディもフェイスもこれ一台で完結!1台13役の最先端マシン

シークレットメスは、株式会社NBSが販売している業務用痩身機器です。 ラジオ波・キャビテーション・吸引・EMS・エレクトロポレーション・LED・サーマルフラクショナルの7つの機能と13の役割が1台に集約されています。 サロンの現場を経験したスタッフが設計していることで、扱いやすいよう工夫されています。

シークレットメスの写真

2

フォースカッター

施術経験の少ないスタッフでも施術が可能

フォースカッターは、株式会社プロラボソリューションが販売している業務用痩身機器です。 ダブルラジオ波・吸引+EMS・ポレーション・LED の4つの機能が1台に搭載されています。 痩身とフェイシャル両方に対応でき、サロンオーナーの声を反映させた扱いやすい設計が特徴です。

フォースカッターの写真

3

セルライトゼロ

シンプルで操作しやすい画面設計

セルライトゼロは、ワールドジャパン株式会社が販売している業務用痩身機器です。 LED・ラジオ波・キャビテーション・スリムレーザーの4つを同時に出力するキャビラジと、皮下脂肪を効果的に温めながらマッサージするサイクロンラジという最先端技術が使われています。 痩身の施術を行う際、肌に直接当てて使うハンドピースが独自開発されており、シンプルで操作しやすい画面設計が行なわれています。

セルライトゼロの写真

RECOMMEND

おすすめ記事