コラム

フランチャイズで始めるエステ経営のメリットとその手順

コンビニエンスストアやファミリーレストランなどの飲食業でよく耳にする「フランチャイズ」は、ヘアサロンやエステサロンなどの美容サービス業でも主流の業務形態です。

特に、在庫を抱えず設備費用も抑えやすいエステサロンでは、フランチャイズ経営のハードルが低い傾向があります。

そこで本記事では、フランチャイズでエステ経営を始めるメリットや手順を解説します。
将来的に独立してエステサロンを開きたい方や、美容業界のフランチャイズに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。



エステサロンのフランチャイズとは


フランチャイズとは、親企業である本部(フランチャイザー)が加盟店(フランチャイジー)に対し、商号や商標の使用権・販売権・経営のノウハウなどをパッケージとして提供する一方、加盟店が本部に対し、見返りとしてロイヤルティを支払う業務形態のことです。

つまり、フランチャイズ店舗は本部と異なる法人や個人事業主がオーナーを務めます。
複数店舗を展開する大手エステサロンでは、随時フランチャイズ加盟店を募集しています。

エステサロンのフランチャイズ業態は店舗型や訪問型・セルフ型などがあり、痩身エステから脱毛・フェイシャル・ボディメイクまで種類も豊富です。


フランチャイズでエステサロンを始めるメリット


フランチャイズでのエステサロン経営には多くのメリットがあります。
フランチャイズの最大の魅力は、親企業の確立されたブランド力です。

エステサロンを開業して間もない頃は、集客が課題となります。
知名度や実績のあるエステサロンのフランチャイズは、オープン直後でも認識されやすく、顧客を集めやすいです。

また、フランチャイズ加盟店は本部の経営サポートを受けられます。
具体的には、開業場所の選定や必要機材の調達・スタッフ教育などに関する指導・助言を受けられます。

短期間でも成果が出やすいように体系化されているため、未経験でも始めやすいです。
リスクを抑えながら経営者として成長できるフランチャイズは、大手エステサロンの技術を学びたい方や、独立に不安を抱えている方に適しています。

 

▶参考記事:エステサロンで新規のお客様やリピーターを集客する方法

フランチャイズでエステサロンを始めるデメリット


一方で、フランチャイズでエステサロンを始める際にはデメリットもあります。
フランチャイズ店舗はあくまで親企業の傘下であるため、経営の自由度が低いです。

本部の運営マニュアルに従う必要があり、店舗独自のメニューや販売促進・広告宣伝などが難しい傾向があります。

また、フランチャイズとしてエステサロンを始める際には、加盟金や保証金・研修費や物件取得費などの初期費用が必要です。

さらにフランチャイズの加盟中は、本部にロイヤリティを支払わなくてはなりません。
売上や業績によっては初期費用の回収に時間がかかったり、ロイヤルティの支払いが赤字になったりする恐れもあります。

他にも、フランチャイズの魅力であるブランド力が不利に働く場合が考えられます。
例えば、他加盟店で不祥事やトラブルが発生すると、自店舗にも悪影響が及ぶかもしれません。



フランチャイズでエステサロンを始めるための手順


では、実際にフランチャイズでエステサロンを始める具体的な流れを見ていきましょう。

問い合わせ

まずは、フランチャイズ加盟店やオーナーを探しているエステサロンを探します。
フランチャイズ総合情報サイトやエステサロンのホームページをチェックし、気になる募集が見つかったら問い合わせましょう。

打ち合わせ

本部と連絡が取れたら、フランチャイズに関する詳細情報を集めます。
打ち合わせでは、開業エリアや運営方針などについて取り決めます。

審査・契約

加盟が決定したら、フランチャイズ本部の審査を受け、契約に進みます。

物件取得

本部のアドバイスを受けながら、開業するエリアの物件を取得します。

店舗工事・準備

店舗の内装や外装のコンセプトを決め、工事を進めます。
工事が終わったら、機材を搬入したりレイアウトを決めたりと、いよいよ本格的な開業準備です。

雇用・研修

店舗の準備と同時に、スタッフを雇用し研修を行います。

開業

店舗を最終確認し、実務訓練やシミュレーションを行ったら、ついにオープンです。

エステサロン開業は色々な費用がかかる

実際にエステサロンを開業するとなった場合、やはり資金面に関してはしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

当然エステサロンを開業するにあたって必要となるのは物件関連の費用だけではなく、業務用痩身機をはじめとする備品だけでなく、場合によっては自店舗のPRのために広告宣伝費なども必要になるでしょう。

そんなエステサロンの開業に必要となる資金については、以下の記事でも詳しく解説しておりますので、是非チェックしてみてください。

▶参考記事:エステサロンの開業に必要な資金と具体的な内訳


エステ開業においての届け出の書き方や手順について


エステサロンを開業するにあたってやらなければならない、作業が存在します。

こちらの記事で、エステの開業において大切な届け出の方法をご紹介しておりますので、併せてぜひご覧ください。

▶参考記事:エステの開業には届け出が必要?届け出の書き方や手順について


フランチャイズでエステサロン経営を現実的に


いかがでしたでしょうか。
今回はフランチャイズでエステサロンを経営するメリットやデメリット・手順を解説しました。

フランチャイズは集客力とサポート体制が備わっているため、参入のハードルが低いです。
一からエステサロンを開業することに不安を感じている方は、フランチャイズのオーナー就任を検討してみるのもおすすめです。

当サイトでは、おすすめの業務用痩身機をランキング形式で紹介しております。
また、業務用痩身機にまつわるお役立ちのコラム記事なども多数掲載していますので、業務用痩身機の導入をご検討中の方は是非その他のコンテンツもご覧ください。

おすすめの業務用痩身機器の情報や最新トレンドは、「業務用痩身機器トレンド発信サイト」をチェック!

業務用痩身機器のランキングTop5を紹介

サロンの開業にあたりおすすめの業務用痩身機器をランキング形式でご紹介しています!

1

シークレットメス

ボディもフェイスもこれ一台で完結!1台13役の最先端マシン

シークレットメスは、株式会社NBSが販売している業務用痩身機器です。 ラジオ波・キャビテーション・吸引・EMS・エレクトロポレーション・LED・サーマルフラクショナルの7つの機能と13の役割が1台に集約されています。 サロンの現場を経験したスタッフが設計していることで、扱いやすいよう工夫されています。

シークレットメスの写真

2

フォースカッター

施術経験の少ないスタッフでも施術が可能

フォースカッターは、株式会社プロラボソリューションが販売している業務用痩身機器です。 ダブルラジオ波・吸引+EMS・ポレーション・LED の4つの機能が1台に搭載されています。 痩身とフェイシャル両方に対応でき、サロンオーナーの声を反映させた扱いやすい設計が特徴です。

フォースカッターの写真

3

セルライトゼロ

シンプルで操作しやすい画面設計

セルライトゼロは、ワールドジャパン株式会社が販売している業務用痩身機器です。 LED・ラジオ波・キャビテーション・スリムレーザーの4つを同時に出力するキャビラジと、皮下脂肪を効果的に温めながらマッサージするサイクロンラジという最先端技術が使われています。 痩身の施術を行う際、肌に直接当てて使うハンドピースが独自開発されており、シンプルで操作しやすい画面設計が行なわれています。

セルライトゼロの写真

RECOMMEND

おすすめ記事