コラム

シークレットメスの機能とサーマルフラクショナル・ラジオ波の違いを解説!

シークレットメスは1台で7つの機能、13通りの使い方ができる美容機器です。タッチパネルで直感的にメニューが選べる操作性の高さ、さらに1台でいろいろな役割を果たすため、組み合わせによってオーダーメイドの施術が可能になります。

この記事では、シークレットメスに搭載されている機能について、RF(ラジオ波)とサーマルフラクショナルの特徴を中心に紹介します。両者の違いや特徴について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

シークレットメスの機能を紹介


シークレットメスの役割は、全部で13通りあります。

機能

ラジオ波(RF) ヘッド用

ラジオ波(RF) フェイス用

ラジオ波(RF) ボディ用

EMS ヘッド用

EMS フェイス用

EMS ボディ用

LED フェイス用

LED ボディ用

エレクトロポレーション ヘッド用

エレクトロポレーション フェイス用

キャビテーション ボディ用

吸引 ボディ用

サーマルフラクショナル

メリット

初心者でも使いやすい操作性

オーダーメイドの施術が可能

複数台のマシンの購入が不要

施術中のマシンの入れ替えが不要

メイクしたまま照射可能(サーマルフラクショナル)

正規販売店へ資料請求・体験も可能

正規販売店は現金購入・割賦・リース契約に対応

導入事例

エステサロン

美容室・理容室

医療機関

フィットネスクラブ

周辺機器

シークレットメス対応ジェル:2kg 6,350円(税抜)

シークレットメス専用ワゴン


上記の機能は、フェイシャルやボディのお悩みにあわせて使い分けられます。ひとつの機能を中心に施術を続けることもできますし、複数の機能を組み合わせて痩身やシェイプアップ、美肌効率を上げる方法もあります。施術中はハンドルを付け替えるだけで、複数の機能を切り替えられます。重たい機器を入れ替える必要がなく、施術スペースも圧迫する心配がありません


シークレットメスはサロン現場を経験したスタッフも設計に関わります。下記の記事で解説していますので合わせてご覧ください。
▶参考記事:業務用痩身器「シークレットメス」の価格や口コミを紹介


RF(ラジオ波)とは何か?


RFは「Radio Frequency:高周波」のことで、ラジオ波とも呼ばれています。周波数30〜300HMzまでの高周波を指し、肌に照射すると電波的性質によって、中で熱を発生させます。

肌の内部では水分子が回転しながら、「ジュール熱」という熱ができあがり、深部体温が上昇して血流を促し、そこからダイエット効果やシェイプアップ効果が生まれます。

脂肪燃焼・代謝アップはいずれも痩身効果として期待できますが、血液の循環が促されるため若々しい体づくり、いわゆるアンチエイジングや美肌へと導きます

 

▶参考記事:痩身エステで使われるラジオ波とは?の具体的な効果

サーマルフラクショナルとは何か?


サーマルフラクショナル(Thermal Fractional)はラジオ波を使った施術の名称です。ラジオ波から得られた熱エネルギーを使ってコラーゲンを生成するための施術です。

一般的なラジオ波と異なり、ラジオ波を針のようにしてポイントを絞って照射するため、エネルギーが深く届きます。深部ほど与えられるエネルギーが大きくなり、肌表面へのダメージは最小限に、肌の奥へ働きかけます。そのため、リフトアップやエイジングケアを促せるフェイシャルケアとして期待されています。


両者の違い


ラジオ波と、サーマルフラクショナルにはどのような違いがあるのでしょうか。特徴や目的などから比較していきましょう。

施術目的の違い


エステでは、ラジオ波を使うことで脂肪を柔らかくして、代謝のしやすい状態にします。運動や手わざによるマッサージを組み合わせると、柔らかくなった脂肪がさらに落ちやすい状態に。

脂肪燃焼(ボディメイク)・シェイプアップ・セルライト撃退(皮膚の凹凸の解消)に使用されるほか、本格的な痩身メニューのひとつとして、手わざやキャビテーション、吸引といった他の施術と組み合わせるケースもあります。

サーマルフラクショナルは、ラジオ波を針状に照射して熱エネルギーをより深い場所へ届けます。真皮層に熱が届くと、肌の土台を形成しているコラーゲンは一度収縮し、再び生成を開始。この仕組によって、肌のハリを高められると考えられています。

 

こちらの記事では、痩身メニューのひとつであるキャビテーションをやりすぎることによって起こる副作用に関して解説しています。合わせてご覧ください。
▶参考記事:キャビテーションのやりすぎには要注意!副作用もあわせて解説!

施術部位の違い


ラジオ波は主に柔らかくしたい脂肪がたっぷりとついている部分、お腹やウエスト、腰部などに照射を行います。運動後に体を温める目的で使用されるケースも多く、運動をしているのになかなか痩せられない「固太り」の方にも効果が期待できるでしょう。

サーマルフラクショナルは、コラーゲンを再生成してハリツヤ感を出したい場合に向いています。あまり人目に触れる機会がない体幹部分ではなく、第一印象に関わりやすい顔の頬やフェイスラインを中心に照射を行うケースが一般的です。

ただし、顔には眼球や唇、首まわりの甲状腺など刺激を与えてはならない部位も多いため、頬や口まわりの広いエリアを中心に慎重に照射を行います。

 

こちらの記事では、シークレットメスをフェイシャルの施術で利用した際の効果について解説していますので合わせてご覧ください。
▶参考記事:シークレットメスはフェイシャルの施術にも使える?注意点も確認

目的・用途に応じて使い分けましょう


今回は、ラジオ波(RF)とサーマルフラクショナルの違いについて紹介しました。どちらも高周波であるラジオ波を使用する施術であり、ダイエットから美肌まで幅広い目的・施術部位を対象にできます。

当サイトでは、ラジオ波やサーマルフラクショナルを照射できるエステサロン用の美容機器に関して幅広いトピックを紹介しています。エステサロンの開業や経営に関するポイントも含めて取り上げていますので、ぜひチェックしてください。

業務用瘦身機おすすめ人気ランキングぜひ、チェックしてみてください。

業務用痩身機器のランキングTop5を紹介

サロンの開業にあたりおすすめの業務用痩身機器をランキング形式でご紹介しています!

1

シークレットメス

ボディもフェイスもこれ一台で完結!1台13役の最先端マシン

シークレットメスは、株式会社NBSが販売している業務用痩身機器です。 ラジオ波・キャビテーション・吸引・EMS・エレクトロポレーション・LED・サーマルフラクショナルの7つの機能と13の役割が1台に集約されています。 サロンの現場を経験したスタッフが設計していることで、扱いやすいよう工夫されています。

シークレットメスの写真

2

フォースカッター

施術経験の少ないスタッフでも施術が可能

フォースカッターは、株式会社プロラボソリューションが販売している業務用痩身機器です。 ダブルラジオ波・吸引+EMS・ポレーション・LED の4つの機能が1台に搭載されています。 痩身とフェイシャル両方に対応でき、サロンオーナーの声を反映させた扱いやすい設計が特徴です。

フォースカッターの写真

3

セルライトゼロ

シンプルで操作しやすい画面設計

セルライトゼロは、ワールドジャパン株式会社が販売している業務用痩身機器です。 LED・ラジオ波・キャビテーション・スリムレーザーの4つを同時に出力するキャビラジと、皮下脂肪を効果的に温めながらマッサージするサイクロンラジという最先端技術が使われています。 痩身の施術を行う際、肌に直接当てて使うハンドピースが独自開発されており、シンプルで操作しやすい画面設計が行なわれています。

セルライトゼロの写真

RECOMMEND

おすすめ記事