コラム

痩身エステで使われる EMS の効果やメリット・デメリットをチェック

痩身エステサロンではさまざまな機器を使ってエステを行っていますが、その中にEMSという機器があります。 多くの痩身エステサロンで使われる機器ですが、具体的にどのような効果があるのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、痩身エステで使われるEMSとは何か、具体的な効果と使うメリット・デメリットなどを紹介していきます。 EMSの導入を検討している痩身エステサロンの経営者様は、ぜひ参考にしてみてください。


EMSとは




EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の頭文字を取ったものであり、電気による刺激で筋肉を動かす機器のことをいいます。筋肉を動かしたい部位にEMSの機器本体につながるパッドを貼って電気を流すことで、強制的に筋肉の運動を行うのが特徴です。

通常、筋肉は脳からの電気信号で自発的に収縮運動を行いますが、EMSは外部からの電気的刺激を直接筋肉に流すことによって意識せずとも筋肉を鍛えることができます。

もともとはスポーツマンのトレーニングやリハビリの補助機器として開発されました。筋肉を動かして筋肉量を増やすことは、結果的に体の代謝を良くしてダイエットや太りにくい体作りにも役立つため、現在は痩身エステにも一定の効果があるとして、多くのエセサロンで取り入れられています。
EMSには低周波から中周波・高周波など周波数を選ぶことができ、周波数によって効果のある筋肉が変わってくるのも特徴です。鍛えたい部位などに合わせて使い分けることにより、効果的に体を引き締める効果が期待できます。

EMSと電磁パルスの違い

近年、新しく登場しているのが電磁パルスを用いた痩身機器です。EMSが電気刺激によって筋肉にアプローチするのに対し、電磁パルスを用いた機器の場合は磁界を発生させたり、変化させたりすることによって運動神経にアプローチします。

電磁パルスの方がより脳からの指示に近い形で筋肉を動かすのが特徴です。
また、皮下到達距離についても電磁パルスの方がより遠くまで届きます。

ただ、顔や胸といった部位に使用することはできません。また、初期費用がEMSマシンよりも高くついてしまいます。
EMSマシンと電磁パルスマシンのどちらを導入しようか悩んでいる場合は、それぞれの特徴と違いを確認した上で検討することが重要です。

EMSを使うメリット



痩身エステでEMSマシンを用いた施術行うことにより、以下のようなメリットが期待できます。

メリット①痩せやすい体を作れる

EMSで効率よく筋肉量を増やすことにより代謝が向上し、体を引き締めて痩せやすい体にする効果があります。筋肉が1キロ増えれば基礎代謝は13kcal上がるとされているので、痩せやすく、太りにくい身体を目指すためにも筋肉を増やすことが重要です。

メリット②別の作業をしながらボディメイクできる

パッドを貼って電気を流しておくだけで運動効果が得られるので、別の作業をしながらでもボディメイクが可能です。例えば、家庭用のEMSをお腹にセットした状態で料理をするといったことも可能です。

メリット③筋力トレーニングになる

EMSを活用することにより、筋トレをしなくても筋力トレーニングが可能です。自身で体を動かして運動するわけではないので、疲労感もありません。
また、無理に筋肉に負荷をかけることがないため、ケガのリスクを避けながらトレーニングできるのが魅力です。

メリット④血流やリンパの流れがよくなる

EMSでは血流やリンパの流れが良くなるため、脂肪や老廃物が排出されやすくなり、むくみにくい体になります。セルライトに悩んでいる方もいますが、セルライト除去のためにも血流やリンパの流れを良くすることは欠かせません。

メリット⑤気になる部位を集中して鍛えられる

EMSは、気になる部位に集中してアプローチ可能です。電気的刺激により直接筋肉を動かすため、長い運動時間をとらなくても高いトレーニング効果が得られます。


EMSを使うデメリット



EMSによる施術はメリットばかりではありません。以下のデメリットについてもおさえておきましょう。

デメリット①施術中にピリピリとした痛みを感じる

筋肉を動かすために流れている電気信号・低周波によってピリピリとした痛みを感じます。この痛みが苦手でEMSを避けている方もいるようです。
品質の良いマシンで、なおかつ中・高周波数の機種であれば、痛みは気になりません。

デメリット②筋肉痛になる

EMSは手軽に筋トレができる分、加減が分からず使いすぎるケースがあります。使い過ぎると筋肉痛がひどくなってしまうので、注意が必要です。
かといって出力を抑えすぎると効果も弱まってしまうため、適切な調整が求められます。

デメリット③やけどや水ぶくれのリスクがある

パッドを直接皮膚に貼るタイプのEMSの場合、やけどや水ぶくれを起こす可能性があります。電気的刺激が集中しすぎた場合や、劣化で配線等が露出してしまった場合に考えられるトラブルです。

EMSはどんな人に向いている?



EMSによる痩身エステが向いているのは、主に運動が苦手な方や部分痩せを希望する方、太りにくい体作りを目指している方などです。

EMSは筋肉にパッドを貼って電気を流すだけのため、寝ている状態でも運動した時と同等の効果を得られます。そのため、運動する時間がない方や運動自体が苦手な方でも効率的に筋トレができます。

特に「どうしても運動が苦手で自分で辛い運動はしたくないけれど、痩せたい」と考えている方は多いです。手軽にダイエットを始めたいと考えている方からも選ばれています。

また、パッドを貼る部位によってトレーニングできる筋肉を変えられるため、二の腕やお腹など、部分痩せを希望する人にもおすすめの方法です。
女性の中には、ダイエットをすると胸から痩せてしまうことを心配している方もいます。胸は脂肪が燃焼しやすい部位でもあるため、全身に働きかける運動などを行った場合、胸から痩せてしまう方は少なくありません。ですが、EMSであれば気になる部位に限定してアプローチできるため、胸は残しながら腹筋を引き締めるといったことも可能です。

筋肉量を増やすことで結果的に太りにくい体にもなるため、すぐにリバウンドをしてしまう方にもEMSを使った痩身エステは最適です。

EMSと併用して使われる機器



EMSマシンと併用することによってさらに効果を高められる機器があります。ここでは、EMSと併用して痩身エステに使われることが多い機器について、解説します。

▶参考記事:家庭用EMSと業務用EMSの違いを解説

キャビテーション

キャビテーションは体外から超音波を当てることで脂肪細胞を溶解するエステ用機器です。溶解された脂肪細胞はリンパや血流にのって体外に排出されるため、体への負担なく痩せられます。
ピンポイントで脂肪を減らすことができ、即効性が高いのも特徴です。脂肪と老廃物が頑固に凝り固まったセルライトの除去などでも選択されています。

キャビテーションの効果を高めるためには、血液とリンパの流れを促進することが重要です。EMSで筋収縮を行うことにより血流とリンパの流れが促進されるため、組み合わせて施術をすれば高い効果が期待できます。
また、キャビテーション単体で行うよりも力強く血管内の老廃物を押し流せるので、エイジングケアや美肌効果が期待できるのも魅力です。

以下の記事では業務用と家庭用のキャビテーションの違いや期待できる効果について解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

▶参考記事:痩身エステでよく使われるキャビテーションの具体的な効果

エンダモロジー

エンダモロジーとは、ローラーにより脂肪を押しつぶしてリンパや血流に流しやすくするエステ用機器です。凝り固まったセルライトをもみほぐし、肌のたるみも引き締める効果があります。身体の巡りを良くする働きがあるため、代謝・脂肪燃焼を促進できるのが特徴です。

脂肪を燃焼させるためには温めると効果的であり、エンダモロジーではピンポイントで気になる部位を温めることが可能です。EMSを併用することによって効果的な部分痩せメニューも提案できるでしょう。

ハイパーナイフ

ハイパーナイフとは、高周波により体の深部をあたためて脂肪を燃焼しやすい状態にするエステ用機器です。

「切らない脂肪吸引」とも呼ばれており、熱を与えて脂肪を柔らかくすると同時にヘッド部分にあるローラーでもみほぐすことで効率よく脂肪を燃焼させます。冷え性の改善や部分痩せ、全身痩せが可能でエステ後の効果を実感しやすいのが特徴です。

ハイパーナイフもEMSもサロンでは痩身の目的で導入されますが、EMSは分解された脂肪を燃焼させて排出させるのに対し、ハイパーナイフは脂肪を温めて分解します。それぞれ異なるアプローチができるため、組み合わせることにより効果を高めることが可能です。

インディバ

インディバとは、高周波により体内の温度を上げて脂肪燃焼・血流やリンパの流れを促進するエステ用機器です。人体への負担が少なく引き締め効果が高いことからフェイシャルエステでも広く使われています。
脂肪吸引の施術後に起こりやすい皮膚の硬化や拘縮反応をやわらげる効果があり、温熱効果によって皮下脂肪を柔らかくして皮膚を滑らかにするのが魅力です。

セルライトの除去にも役立つことから、部分痩せにも活用されています。EMSと組み合わせて使用すると、さらに効果的に脂肪燃焼・基礎代謝アップが期待できます。

ヒートマット

ヒートマットとは、痩身エステサロンで使われる特殊な電熱線を張り巡らせた温熱マットのことです。体を包み込んで温めることを目的としており、他のエステの効果を高めることに役立ちます。

身体を温めて代謝を良くすることで、老廃物の排出・冷え性の改善が目指せます。
また、セルライト対策にも効果的です。ヒートマットで身体を温めて代謝を良くし、EMSで筋力を向上させれば痩身の相乗効果が期待できます。


家庭用EMSと業務用EMSの違いとは?



EMSの中には家庭用のマシンもあります。家庭用と業務用の大きな違いは、周波数や適用範囲、形状、費用、使い勝手などです。費用については業務用のマシンの方が高額ではあるものの、家庭用と比較して周波数が大きいため適用範囲が広い特徴を持ちます。

詳しくは以下の記事で紹介しているので、ぜひこちらをご覧ください。
▶参考記事:家庭用EMSと業務用EMSの違いを解説

エステサロンの経営でトラブルを防ぐ免責同意書とは?



免責同意書とは、万が一、施術後に肌トラブルなどが起こってもエステサロン側に責任を追及しないことに同意する書類です。免責同意書にサインをもらっておかないとトラブルが発生した際に莫大な損害賠償金などを支払わなければならないことがあります。

エステサロンで施術を行う際は必ず免責同意書を作成し、サインをもらいましょう。


詳しくは以下の記事で紹介しています。サロン経営者はエステ機器だけでなくサロンを守るためにあらゆるトラブルを想定し、経営を行うことが重要になるのでぜひ参考にしてください。
▶参考記事:エステサロンの経営でトラブルを防ぐ免責同意書とは?

痩身エステサロンで使われるEMSは体の筋肉量を手軽に増やせる効果がある




いかがでしたでしょうか?

痩身エステサロンでよく使われるEMSとは、電気的刺激により直接筋肉を動かして筋トレと同等の効果を得る機器です。 寝ている状態でも筋肉の収縮運動を促すことができるため、運動が苦手な人でも痩せやすい体作りが可能です。

また、EMSとほかの痩身機器を組み合わせることでさらに大きなエステ効果を期待できる点もメリットの1つになります。

痩身エステサロンではさまざまな痩身機器を使ってボディメイクを行いますが、根本的に痩せられる体作りをしなくてはリバウンドがしやすくなります。 その点EMSは筋肉量を増やすことで、代謝をよくして太りづらい体作りができるため、顧客の満足度も高くなる傾向があります。

EMSを含めたエステ用の痩身機器をお求めの場合は、当サイトにておすすめの業務用痩身機器をランキング形式で紹介しております。 それぞれの特徴を比較したうえで、希望に合った痩身機器をお選びください。

当サイトでは、おすすめの業務用痩身機をランキング形式で紹介しております。
また、業務用痩身機にまつわるお役立ちのコラム記事なども多数掲載していますので、業務用痩身機の導入をご検討中の方は是非その他のコンテンツもご覧ください。

おすすめの業務用痩身機器の情報や最新トレンドは、「業務用痩身機器トレンド発信サイト」をチェック!

業務用痩身機器のランキングTop5を紹介

サロンの開業にあたりおすすめの業務用痩身機器をランキング形式でご紹介しています!

1

シークレットメス

ボディもフェイスもこれ一台で完結!1台13役の最先端マシン

シークレットメスは、株式会社NBSが販売している業務用痩身機器です。 ラジオ波・キャビテーション・吸引・EMS・エレクトロポレーション・LED・サーマルフラクショナルの7つの機能と13の役割が1台に集約されています。 サロンの現場を経験したスタッフが設計していることで、扱いやすいよう工夫されています。

シークレットメスの写真

2

フォースカッター

施術経験の少ないスタッフでも施術が可能

フォースカッターは、株式会社プロラボソリューションが販売している業務用痩身機器です。 ダブルラジオ波・吸引+EMS・ポレーション・LED の4つの機能が1台に搭載されています。 痩身とフェイシャル両方に対応でき、サロンオーナーの声を反映させた扱いやすい設計が特徴です。

フォースカッターの写真

3

セルライトゼロ

シンプルで操作しやすい画面設計

セルライトゼロは、ワールドジャパン株式会社が販売している業務用痩身機器です。 LED・ラジオ波・キャビテーション・スリムレーザーの4つを同時に出力するキャビラジと、皮下脂肪を効果的に温めながらマッサージするサイクロンラジという最先端技術が使われています。 痩身の施術を行う際、肌に直接当てて使うハンドピースが独自開発されており、シンプルで操作しやすい画面設計が行なわれています。

セルライトゼロの写真

RECOMMEND

おすすめ記事